盆栽

- 位置付け −

五百年以上の歴史を持つ、日本の伝統文化です。
長い年月に培われた、伝統技法と美的センスは。「流行」とは対照的な、圧倒的完成度を誇ります。
伝統ある展覧会や、著名な盆栽美術館の所蔵品等は、まさに息を呑む程の美しさと迫力です。

貴重な作品や、文化財的価値を持つ作品も多いため。個人の趣味としての盆栽と、文化財的な価値を持つ盆栽と。同じ盆栽でも、かなり二極化が見られる趣味でもあります。

.

.

.

− 盆栽と鉢植えの違い −

「盆栽」という言葉の概念を捉えるには、盆栽と、普通の鉢植え植物の違いを理解するのが近道と言えるでしょう。
盆栽も鉢植えの一種ですが。人の手による「演出」が加えられているという部分が、普通の鉢物とは異なります。即ち。幹の形状、枝の配置。木肌の荒れや、植木鉢の色まで。

盆栽は、「作者の意思」が込められているのです。



極めて形が悪い、見苦しいとも言える鉢植えニレゲヤキ。

盆栽と比較するために、あえて形の悪い物を引き合いに出しました。
(作者所有物。親木のため、形は関係ないものです)

小葉性(コバショウ:葉が小さい)のため、部分的に見ると樹木に見えますが、盆栽としての演出が加えられていない。
素のままの鉢植え植物です。

.

親木の場合「性分(性質)」が良くないと、良い子木が取れませんが。
経験上、この親木は、性分は悪くありません。

つまりこの木は、性分が悪いのではなく。
育成するにあたり、「こういう形にしたい」という、演出・意思が無いのです。

例えば松島のような、小さな岩の孤島に生える樹木を表現する場合。
盆栽を石に盆栽を活着させ、鉢には青いものを用いますが。この青い鉢は、海の青さを表しています。つまり、植木鉢まで演出が及ぶのです。

一方、普通の鉢植え植物には、このような演出が施されないので。これが盆栽と鉢植えの違いと言えるでしょう。
葉を小さくする技術、枝を増やす技術、幹を太らせる技術等等。盆栽の技術は驚くほど多彩で、奥の深いものです。

また盆栽は、樹木の持つ「フラクタル」の要素を利用しているため、例え小さくとも、大木の雰囲気を持ちます。フラクタルとは、「一部」を拡大すると、「全体」と同じ形になる事で。
実際、例えば樹木の枝を切り落とし、地面に立てると。何だか、それだけで「一本の木」のような形になります。これがフラクタルの効果です。



険しい崖に自生する樹木の姿が、見事に表現された石付き真柏(シンパク)寄せ植え。

埼玉大宮盆栽美術館。岩高約1.2メートル。

.

.

伝統の盆栽に、模型用語を引き合いに出すのは相応しくない部分もありますが。

実物を見ると、まさにジオラマ。否それ以上にリアルであり。

とても模型では出せない、生き物ならではのリアリティがあります。

「植物を身近に置いて育てる」というのは、心の癒される、素晴らしい趣味です。

そして、せっかく植物を育てるのなら。こうした「演出」「表現」等を、少し織り交ぜて育てる事をお勧めします。
そうすれば、姿形も良くなり、愛着も湧き。それが何であろうと、例え草であっても、「盆栽」となるのですから・・・。

.

.

.

− 盆栽テラリウム ソイルテラリウム −

紙面の都合上、盆栽に付いての一般説明は割愛させて頂き。ここからは、ソイルテラリウムに関連する事象を中心にお送りします。

アクアリウムのページでも紹介した通り。盆栽も、「単品」で育てる方法と、「寄せ植え」として、全体のバランスを取りながら育てる方法とがありますが。
ソイルテラリウムは、「水槽の中に森を作る」という。文字通りの情景レイアウトなので、盆栽においても、「寄せ植え盆栽」の技術が中心になります。





バランスの観点から考えると、ソイルテラリウムの場合。

樹木高約15センチ、魚の体長約1.5センチ、水深約10センチなので。

若干魚が大き過ぎる、1/50スケール程度と言えるでしょうか。

例えばコニファー等。普通の鉢植えで寄せ植えを作る場合、色々な種類の植物を植えますが。盆栽で寄せ植えを仕立てる場合、通常は一種類で構成します。

なぜ盆栽は一種類で寄せ植えするのか?
これには二つ理由があり。一つは「栽培方法」上の理由、もう一つは「景観」上の理由となります。

植物にはその種類ごとに適した栽培方法があるため、本来、一つの盆上(鉢)に、複数種の植物を植えることは難しいと言えます。
普通の鉢物なら、数ヶ月から精々一年程度で植え替えを行うため、あまり問題になりませんが。盆栽はもっと長いスパンで栽培するため、これは大きな問題になります。





「演出された鉢物」が盆栽の定義ですし、草物盆栽もあるので。

このように、きれいに植えられた寄せ植えは。本来、盆栽に近しい趣旨のものですが。

個々の植物の栽培方法が違うため、長期栽培には向きません。

つまり盆栽は、数十年先の姿を考えながら仕立てるため。栽培方法の違う植物を、一緒に植える事は不可能なのです。

もう一つの理由は、あまり語られる事が無いものですが。景観上の理由が挙げられます。
これは本物の「森林」を観察すれば分かりやすいと思われますが。例えば「東北のブナ」、「木曽のヒノキ」という具合に。

自然林は、その地域の生育条件に最も適した植物種が、支配的に自生します。
つまり逆に言えば、一つの盆上に、色々な種類の植物を植えるのは不自然なのです。


左:木曽ヒノキ 右:東北地方ブナ林

これは、人によって(作者により)価値観に大きな違いが有り、何とも言えない物ですし。まして、「これは悪い植え方」等と決め付けるのは論外ですが。
寄せ植えにしろアクアリウムにしろ。美術的観点を優先し、空間を埋める事を目的に。色々な植物を植えるのは、自然表現とは逆説的手法と言えます。

つまり、一箇所に色々な樹種があると、人工的・作為的と見えてしまうのです。

もちろん、これを踏まえた上で寄せ植えを行えば、これは「芸術」の域に達しますが。意識せず、あまりに乱用すると、むしろ見難くなる可能性がありますので気をつけましょう。
何事も程々が良いようですね。


素晴らしい、盆栽の寄せ植えです。元々、自身に盆栽の趣味は無く、ソイルテラリウムの試作品を作り始めた頃は、普通の鉢植え植物を植えていました。
自身、大宮の「曼青園」様で、本格的な寄せ植え盆栽を目にしたのですが。正直カルチャーショックを受けた次第です。
「この素晴らしい、ミニチュアの森を。部屋の中で再現したい」。その時、強くそう思いました。

また。このような高度な寄せ植え盆栽で、違う種類を植え。その内一本でも枯れてしまったら大変です。
バランスを取り戻すのに、膨大な時間と労力を必要とする事でしょう。

.

.

.

− 盆栽総論 −

盆栽も、中国より伝来した文化の一つですが。中国の盆栽(中国語で「盆景」)には、日本の盆栽程の「こだわり」が見られず。むしろ、普通の鉢植えに近いものである事から見ても。
日本の盆栽は「独自の文化」と言って過言で無いでしょう。
(この事象を表記するのは難しいのですが、植物そのものに施す栽培方法としての「こだわり」と解釈して下さい)

金魚の説明で、観賞魚の飼育法は。世界で類を見ない程、独自性の強い、日本オリジナルのもの。と記しましたが。
実は盆栽も同様の物と言える訳です。

ただ、金魚に比べ。対象年齢層が狭い事もあり、少々敷居が高い感があるでしょうか。




フリー素材からお借りした、寄せ植え盆栽写真。

アメリカ・コネチカット州で撮影されたそうです。

世界的に盆栽は「BONSAI」という言葉で、日本発のサブカルチャーとして発展しています。
ただ盆栽の場合、「土」がほとんどの国で輸入禁止に指定されているため。その点では観賞魚等より、難しい部分があるでしょうか。

反面。観賞魚に比べ、「植物を身近に置いて育てる」という文化は。万国共通とも言える程のものである訳で。
つまり、盆栽そのものを輸出するのは難しいにしても。

ただ漠然と育てるのではなく。少しでも「作者の意思を込めて育てる」という、「日本の盆栽の心」を輸出する事は可能であり。
その為の文化の土壌は。最初から整っているとも言えるのです。

盆栽文化が、発祥地中国ではなく。日本のものが広がった理由が、ここにもあると、私は感じております・・・。


Hat Full of Stars