ソイルテラリウム

− 機材 −

ソイルテラリウムを作り始めた当時は。
現在、当たり前のように使っている機材の多くが。いまだ発売されていないか、もしくは開発すらされていませんでした。

ソイルテラリウムの変遷をたどると。
必要とした機材性能部分に、まるで呼応するかのように新製品が発売されていて。これを導入しながら、次のステップへ移るようなかたちとなり。
まるで「多段はしごを伸ばしながら登る」ような状態だったと言えるでしょう・・・。

このように、「必要だ」と思った機材が次々発売された背景には。時を同じくして、「アクア・テラリウム」がブームを迎えていた事が挙げられます。


90年代後半にブームを迎えた「アクアテラリウム」。「ハイドロ・テラリウム」とも呼ばれました。
陸上部分は流木で構築し、そこにコケ類を活着させ。また、ろ過マット等で観葉植物を植えるための場所を作り、これを植え。
さらにはこれらが乾かぬよう、絶えず揚水ポンプで陸上部分に水が流れるようになっています。

当初。ソイルテラリウムが完成できるか否かのカギを握る、最も大きな(装置)要素として。「盆栽を育成できる、強力なライト」と、「乾いた土を維持できる、水と土の分離装置」がありました。
しかしこの二点は、どちらもアクア・テラリウムには無いもの。もしくは、より強い性能が必要なもので。残念ながら、そのまま転用して、うまく行くものではありませんでした。

結果的に。
照明装置は、20W級蛍光灯が四灯以上必要な事が判明し。また、土と水の分離装置は、完全オリジナルの装置を構築する事となりました。
この二つの問題点を解決すれば、ソイルテラリウムは当初のコンセプト。つまり、「部屋の中に森と渓流風景を再現し。これを永続的に、部屋の中だけで運用する」という目標は達成される訳ですが。

二代目(ソイルテラリウム二世代目)の0902が出来て。一応この問題がクリアされてからは、さらにもう一つ目標を設け。これを達成するための研究に移りました。
即ち。「少なくとも一ヶ月間、全自動で運用できる」という条件です。

研究の結果、この目標を達成するには、「自動給水装置」と「自動散水装置」が必要と分かりました。


水と土を分離する装置。ソイルテラリウム。

アクア・テラリウムでは、土に絶えず水が流されていますが。盆栽でこのような方法を採ると、植物が「根ぐされ」を起し、場合によっては枯れてしまいます。
(更には、湿気が多過ぎると。用土の表面にカビが生えたりして、大変に見苦しくなってしまいます)

盆栽の場合、「表土が乾く程度の環境」が必要となり。これは、「水槽内」という。多湿の閉ざされた、小さな環境の中で。この条件を達成するのは。
簡単に見えてその実、大変に難しいものでした。

アクアテラリウムなど、既成の製品で、この条件を達成できる機材は存在せず。必然的に自作するしか選択肢がありませんでした。

給水(水量調整)は本来。オーバー・フロー式にすれば必要無いのですか。給水装置なら、水槽本体を変更する事無く、後付の装置で対応できるため。この方式を選択しました。

これに対し、散水装置は。当初より自作の選択肢しかありませんでした。
アクア・テラリウムでは、陸上部分にも絶えず水が流されおり。これが必要ないため。散水装置という概念、そのものが存在しなかったためです。

このように。二つの問題点と、さらに二つの課題・・・。
これらがクリアされた事により。現在の、業務としてのソイルテラリウムが完成したという事になります。

.

.

.

− 意匠T ソイルテラリウムの意匠 −

意匠と言っても、ソイルテラリウム装置や水槽装置のデザインではなく。水槽内レイアウトについて説明します。(つまり、作者のレイアウト・ポリシーです)

前節でも説明した通り、ソイルテラリウムは。複数の要素(植物・魚等)を総合的にバランスを作る、情景レイアウトとなります。
また。複数種類の植物を植える、ネイチャー・アクアリウムのような。美術的構成ではなく。

盆栽のように、一種類(もしくは数種)の植物で、「自然林の風景」を、よりリアルに再現する手法を採用しています。
よく言えば情景レイアウト、悪く言えば。美術的要素に乏しい、ジオラマ模型です・・・。


左) 持たされた空間の全てを使って、極限の美しさを表現する。まさに「生きた美術品」アクアリウム。
右) 五百年の歴史の中に培われた、究極の栽培技術を駆使して仕立てられた。まさに「生きた芸術品」盆栽。

ソイルテラリウムの、樹木や石組み等、アイテム配置のコンセプトは、実はアクアリウムと逆のものと言えます。

アクアリウムでは、前景にモス・グロッソ等の低草、中景にロゼッタ・岩・流木等のメインアイテム、背景に有茎・テープ類等を背景として配し。水草の魅力を「全て見せる」手法がとられますが。
ソイルテラリウムでは、基本的には、大きいものを手前に、小さいものを奥に配置します。

つまり、遠近感を強調している訳ですが。
もちろんこうすると当然、奥のアイテムが見難くなる訳ですが。作者のポリシーとして、「全て見せるより、見えそうで見えない」部分があったほうが良い・・・。言わば「チラリズム(汗)」の要素をコンセプトとしています。

その点、盆栽はこのような表現方法は採用しません。盆栽は、およそ見る方向が決まっているものの。他方から見ても違和感無いよう、遠近感は付けないのです。
同じ、「リアリズム」を追求する手法でも、この点が異なる訳です。

.

.

.

− 意匠U 盆景 −

今ではひじょうに少なく、目にすることも少ないのですが。泉流・温故流・岳水流など、十六の流派を擁する伝統芸です。
江戸時代より盛んになった座敷飾の伝統芸で。実はこの場合植物などは使わず。ケトを練って山水や海岸風景を作り、色砂で着色して盆上に情景を作り上げる。「あそび」のひとつです。

「盆景」と言う言葉にもいくつかの定義があり。盆栽の一種、「石付き盆栽」を盆景と呼ぶ場合もありますし。箱庭のことを、こう呼ぶ事もあります。
また。中国語では、日本語の盆栽の事を「盆景」と表します。少々ややこしいのですが、この場合の盆景は、全く違う意味となります。

ここで取り上げているのは道芸としての盆景ですが。この場合、構図の取り方・下図。砂のまき方まで厳格に定められており。「華道」と同じ、伝統的な文化です。
盆景も庭園と同じように、その原形が「日本書紀」にも登場する大変古い歴史を持つものですが。現在の形になったのはかなり後で、幕末に竹屋光昭という人物が「竹屋流」を開いたのが最初と言われています。
ただ、華道と異なり。ほぼ途絶えてしまったため、高齢の人でも正確な意味を知っている人は少ない状態となっています。

作者がソイルテラリウムを始めた頃は、ネットコンテンツも充実しておらず。図書館をいくつも巡ってこの情報をかき集めたものですが。最近は、この分野においても、ネットコンテンツの充実が見られるようになったので。興味のある方はご覧になってみてください。

まさに作者、ハット・フル・オブ・スターズのコンセプトそのものの世界です。
盆景とソイルテラリウムとの世界観においては、もう一つ共通点があります。盆栽は前記通り「遠近法」を使いませんが、盆景の場合はこれを用いて作られるのです。

実は先に述べた、各流派の「秘伝」とは。まさにこの「遠近感をいかに表現するか」によるものだとされているそうです。
灯篭や蹲のミニチュア等を配した「箱庭」をよく見かけますが、この点で盆景は、実は全く似て非なるものなのです。

「自然の情景を手元に置きたい」。こうした意識は元々あったのです。本当は盆栽を座敷に飾りたかった事でしょう。しかし照明の関係上、これが叶わなかった故。
このような形で、模型を座敷に置く文化が生まれたのですね。

.

.

.

− 機材面の特記事項 −

ソイルテラリウムを構成する上で、「これが無いと成り立たない」というものではありませんが。調光装置付きの、観賞用ライトには。かなりの時間と労力を費やしました。
「シーナリー・ボーダー・ライト」と称しております。

これは、「舞台演劇」等に用いられる、カラー・ボーダーライトの原理です。
舞台演劇の場合。夜のシーン、昼のシーン、ショッキングなシーンと言った具合に。色々なシュチエーションを、たった一つの「場所」で表現しなければならず。
このため舞台装置には、実に多種多様な照明装置が用いられ。この照明が、演出する上で大変大きなファクタとなっています。

ちなみにお芝居の場合。
舞台転換と言っても、全て変えられるのは一幕あたり精々2〜3舞台であり。他は全て、音響・照明・幕・道具などの効果により表現しなければならず。
つまり舞台演劇は。テレビ・映画等と異なり、演出する側はもちろん。見る側にも「想像力・創造力」が必要な物と言えるでしょう。


左) ステージ・ライト アニメ「ガラスの仮面(美内すずえ)」より。
右) ステージに展開する様々なシーン。「ドンジョバンニ(WAモーツアルト)」より。

逆に言えば、舞台演劇とは。あらゆる「シーン・シュチエーション」を再現(表現)するため、長い年月を掛けて作り上げられた。「総合芸術装置」の結晶であり。
この象徴的存在が「オペラ」になります。

この「舞台装置」の原理を用いれば、「夕焼け」「真昼」「夜の月明かり」等、どんなシュチエーションでも理論上、演出することが可能であり。
ある意味、「地味」なソイルテラリウムに少しでもアトラクション的要素を取り入れたいという部分もあり、(実はかなり無理して)開発に取り組んだ次第です。

最初は、砲弾型LED、なんと1600球を使って作りました。ある意味壮絶でした・・・。
電源容量との闘い。設置するにあたってのスペースユーティリティ。調光装置開発。更には開発費用まで含め。やはり壮絶でした。

調光装置一つ取っても、当時は専用装置は勿論。転用できる機材もままならず。結局、トランジスタ等を使って自作する事になったのですが。
作者に電子部品の知識は無く。なんと、一からトランジスタの知識を勉強する事となり。
また費用面においても、当時はLED価格が大変高価で。電源含め、全て作るのに、材料費だけで。5〜6万円程掛かりました。

その後、調光装置を廃止し。蛍光灯にカラー・フィルタを配しただけの、簡素化ライト。タイニー・シーナリー・ボーダー・ライトを作りましたが。
近年のLED価格低下に伴い、再びLEDでリメイクするに至った次第です。


左) 砲弾型LEDを使ったシーナリー・ボーダー・ライト。  右) 蛍光灯( T5 21W )に、カラー・フィルタを配したタイニー廉価版。

今回はテープLEDを使いましたが。このテープLEDには、予めチップ抵抗が配されていて、12V電源がそのまま使えるようになっています。
12Vのコンバータは最も汎用性の高い電源であり、種類も多く、価格も安価で。しかも、最近のLEDブームにより、専用の調光装置まで発売されるようになり。
以前、自作した時から比べると、涙が出るほどお手軽に作成できました。

.

.

.

− 香丁木との出会い −

先ほど。
ソイルテラリウムは、「盆栽を育てられるライトを研究し、その能力のある機材を使っている」と記しましたが。実は。この表現は、極めて限定的と言わざるを得ません。
つまり、盆栽と言っても、数種類の植物しか育成できないのです。

自身の育成実験の結果では。「香丁木」「イボタ」「チリメンカヅラ」等が、育成可能である事が確認されています。
他にもある可能性はありますが、現状では「香丁木」を中心に植えています。


盆栽の最高峰とも言うべき「黒松」。

例えば黒松は、極めて強い日差しを好み。逆に、夏場の強烈な日光が当たらないと、良い状態を保つ事が出来ない。

残念ながら言わば、ソイルテラリウムに最も向かない樹種です。

90センチ水槽を、蛍光灯でライティングする場合のネックとして。これはソイルテラリウムに限らず。市販の水槽ライトでも同じ事が言えますが。
日本で主に使用されている蛍光管だと、20Wでは短く、32Wでは少し長くなりすぎる事です。
実際、市販のライトも。20Wを、横にずらすように配置されています。

ソイルテラリウムでは、当初よりLEDを大量に配置する事を念頭に、照明装置が設計されたため。
スペースユーティリティ面から。ヨーロッパ等でよく使われている、T4・T5等のランプを。早くから導入しました。

しかし、たとえ21ワットT5ランプを4灯配しても。多くの盆栽は育成できず、結果。香丁木のような「耐庇陰性」を持つ盆栽種を使うに至りました。
庇陰性とは、庇(ひさし)の下でも育つという性質です。

盆栽はもちろん、園芸の観点からすると、その実。
「盆栽を水槽の中に植える」という行為は、なかなか理解されません。「すぐ枯れてしまうだろ」というのが普通です。



「水槽内に盆栽を植える」という行為は、園芸関係の方には、なかなか理解されませんし。

自身も、先入観はもちろん、経験的にも。その実、この意見に同じです。

即ち、この写真のように。水が入っている水槽に、盆栽が植えられていると。
「盆栽をオモチャにしている」と、思えてしまうのです・・・。

自身も、植物は太陽光に当てた方が良い事はわきまえていますが。背に腹を変える訳にもいかず。まぁ、この問題は。
十年近く、水槽内で育成している盆栽がある。という事実が、「一定の答えを出している」と思うに至っています・・・。

もちろん、新芽が芽吹き、成長しているので。月に一度程度のメンテナンスで、毎回「剪定」が必要です。
その点。樹高が水槽高に限定されるため、比較のしようがありませんが。ひょっとすると、鉢植え以上に良く成長しているかも知れない程です。
(ただし伸び方は「徒長(光が足りない場合の伸び方)」に近い形で伸びる事がままあります)

最後に。これは意匠にも掛かる事ですが。
そもそも、アクア・テラリウム同様に、「観葉植物」を植えれば。それ程強い照明は必要ありません。これ程大掛かりにする必要ないのです。
実際、フィカス・ベンジャミン等は。水槽内でも極めて早く成長し、アッという間に上面に達してしまう程です。


ハクチョウゲの園芸品種「香丁木」。

アカネ科 台湾・中国・インドシナ原産 常緑 低木 対性 株立ち JapaneseSerissa(英) 満天星(中)

性質は極めて強健。葉が小さく。枝分かれ良く。刈り込みに耐え。耐湿性・耐陰性を持ち。病気にも強い。
ソイルテラリウムに最も適した樹種。

写真はベランダで栽培していた頃のもの。現在は畑で栽培中。

観葉植物は、主にジャングルの低木・下草で。日陰でも良く育ち。耐湿性も兼ね備えている場合が多く。その点ではまさに水槽育成にうってつけと言えるでしょう。
しかし容姿面から、総じて「葉」が大きく。つまり。観葉植物で水槽レイアウトを構築すると、熱帯ジャングルの雰囲気になってしまいます。

しかしソイルテラリウムのコンセプトは「日本の森林」であるため。観葉植物ではなく、葉が小さく、小さくとも「大木」に見える、「盆栽」にこだわり。
その育成方法に特化して、機材性能を追及して来た次第です・・・。


Hat Full of Stars